富士最后一款撕拉片相纸FP-100C停产,并且无后续替代品


续2014年富士宣布FP-3000B黑白撕拉片停产之后,因销量逐年下降,今日富士公司宣布FP-100C以及FP-100C silk于近期停产,并且无替代产品。

“富士フイルム株式会社(社長: 中嶋 成博)は、インスタントカラーフィルム「FP-100C」を、当社の在庫がなくなり次第販売終了いたします。”

“今回インスタントカラーフィルム「FP-100C」の販売は終了いたしますが、富士フイルムは今後も製品ラインアップの見直しや生産効率化を行いながら継続して写真フィルムをご利用いただける体制づくりを進めてまいります。”

 

 

             

 

续2014年富士宣布FP-3000B黑白撕拉片停产之后,因销量逐年下降,今日富士公司宣布FP-100C以及FP-100C silk于近期停产,并且无替代产品。

另从其他渠道得到消息,FP-100C的最后保质期将到2017年年底。

(注意:FP-100C在日本的售价一直比国内更贵)

按照我们的经验,低温保存之后依然可以使用很长时间——保存在阴凉的地方,如果需要长期保存,保持温度在3~7℃比较适宜——乐观估计撕拉片可以玩到2020年之后。目前FP-3000B(最晚保质期时间是2015/06)也还是可以正常使用。

 

所以各位是打算抓紧囤相纸,还是?

会有新的团队来拯救撕拉片吗?

后续如何,研习社会持续跟进。

 

附富士的公告:

 

インスタントカラーフィルム「FP-100C」販売終了のお知らせ

2016年2月29日

富士フイルム株式会社

富士フイルム株式会社(社長: 中嶋 成博)は、インスタントカラーフィルム「FP-100C」を、当社の在庫がなくなり次第販売終了いたします。

富士フイルムは、インスタントカラーフィルム「FP-100C」の提供を継続するため、これまで企業努力を続けてまいりましたが、販売数量が年々大幅に減少しており、これ以上の生産ができない状況です。このため、やむを得ず下記のとおり販売終了させていただきます。

今回インスタントカラーフィルム「FP-100C」の販売は終了いたしますが、富士フイルムは今後も製品ラインアップの見直しや生産効率化を行いながら継続して写真フィルムをご利用いただける体制づくりを進めてまいります。

今後とも富士フイルム製品に変わらぬご支援、ご愛顧を賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。

——End——